問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー | リンク集 
 
Home 学校のトイレ研究会とは 研究誌の閲覧 学校トイレ事例 補助制度
トイレづくりのポイント 清掃・メンテナンス
Home >清掃・メンテナンス >定期清掃

清掃・メンテナンス


日常清掃
定期清掃
特殊清掃
定期清掃

おすすめ情報





■子供たちと教職員がいっしょに行う定期メンテナンスの方法
 トイレは毎日清掃していても、便器や床、ブース、壁など、あちこちに汚れや黄ばみは固着していきます。とはいえ、日常メンテナンスがトイレをきれいに保つ、もっとも基本的であることに変わりはありません。そのことは「子どもたちの手による日常メンテナンスの方法 その1」として前回ご説明しました。今回は引き続き、子どもたちだけではなく、教職員などおとなたちといっしょに行なう定期メンテナンスの方法についてご説明します。
 この清掃作業は毎日行なう必要はなく、場合によっては週あるいは月に1度、また学期ごとに行えば十分なものもあります。
 子どもたちとのコミュニケーションをとるためにも、また学校が地域に開放されてるのであれば利用者の方々ともいっしょになって、楽しく定期メンテナンスすることをお勧めします。
  ここでは、子どもたちができる範囲と箇所(主に低いところ、市販品の洗剤、用具を使用)、教職員ができるところ(高所、主に危険性のあるところ)と区分けして説明します。
 なお、以下にご紹介する用具、用品、洗剤等については、メンテナンス業者に問い合わせていただければ、適切なアドバイスが得られると思われます。



●子供たちの分担です

■必要な道具類
特別なものは必要ありませんが、屈まないで使えるように柄の長いものを用意します。また消臭・雑菌・防腐剤は人体に無害で環境汚染のおそれのないものを選びます。


定期清掃に必要な用具 
定期清掃に必要な用具
左がスコッチ、陶器専用磨き剤、洗剤。

2

3 4
 1      

     
 
     

子供たちができる範囲と箇所(低いところ)

1小便器、大便器、手洗い器などの金属部と陶器の接続部分は汚れやすく、普通に拭いても汚れが落ちにくいために、黒ずみや黄ばみが固着します。
スコッチに洗剤を含め、ドライバーか竹箸(竹べら)をあてがい、擦ることによって、狭いところに力が加わり、おとしやすくなります。竹箸(竹べら)の先端を1cmくらいつぶし、刷毛のようにしたものに洗剤をつけて擦るのもひとつの方法です。

2 小便器内側の上部(洗浄水が出るところ)には水垢やカルキ(黒ずみ、黄ばみ)が固着しやすく、汚らしく見えます。洗剤をペーパータオル等に浸し、10分ほどしてから(乾く前に)市販されているスコッチや陶器専用磨き剤などで擦り落とします。

3 大便器内に付着している水垢(黒ずみ)は洗浄水中にあるカルシウム成分の中に、水中の汚れや空気中の汚れや空気中の汚れが混合し、「スケール」となって固着したものです。これは水と空気の接点に固着するのが特徴です。黒ずみとなって汚れが目立つのはほとんどがこの現象で、小便器、手洗い器、タイルの壁面や床面の黒ずみも同じ現象です。洗剤を含んだペーパータオルなどを汚れた部分に10分ほど付けておいた後、陶器専用磨き剤で擦り取ります。その後、洗剤を含ませたスコッチなどで擦り洗いをして黒ずみを落としていきます。水が溜まっている部分はポンプ等で水抜きをしてから作業します。

4 小便器には「着脱式トラップ」といって、臭気止め(陶器、プラスチック製)が設置してあります。この部分は尿石や汚れが付着しやすい場所ですから、1ヶ月に1回程度ブラシなどで洗っておくことが大切です。 放っておくて臭気の発生元となります。(写真のようにトラップのつまみのところに紐か針金等を通しておくと着脱が容易です)


●子供たちの分担です。でも低いところでできる作業は子どもも手伝っていっしょにやりましょう。

1 3 7
4  
2 5 8
  6    

教職員ができる範囲と箇所(高いところ)

1 ガラリや高窓。ここには意外と埃等が積もって汚れています。風などによって室内に埃が入ってしまうので、よく掃除してください。ブラシにウェス(タオルなどの布)をかぶせて擦ると、埃も飛び散りにくく、掃除が容易です。

2 換気扇。回転翼には埃が溜まっています。取り外せるものは取り外し、洗剤を含ませたスポンジなどで擦り洗いをします。モーター部分は水をかけないように、乾いたブラシやウェスを使用し、埃などを拭き取ってください。

3 タイル壁面にも思った以上に埃や汚れなどが付着しています。水を含ませたウェスやスポンジで拭き取り、その後、乾いたウェスで湿気をよく拭き取っておきます。

4 間仕切り(パーティション)上部の笠木(レール)は凹カットになっている場合が多く、埃やゴミが溜まっているのが現状です。ブラシなどを用いてきれいに取り除いてください。

5 窓ガラス、とくにサッシ部(窓枠)には外部の埃が付着しています。小さめのブラシ(歯ブラシやクシブラシ)でサッシ枠の汚れを取り、ウェスなどでガラス部を拭き上げてください。汚れが落ちにくいときは、ブラシやウェスに洗剤をふくませ、擦り洗いしてください。洗剤が残らないよう、しっかり洗い流すか拭き取ってください。

6 間仕切りは基本的には水をかけてはいけません。ウェスで埃や汚れを拭き取ってください。汚れが落ちない場合はスコッチやスポンジに洗剤を含ませ、擦り洗いをします。乾いたウェスで洗剤や湿気をしっかり拭き取ってください。

7 照明器具の蛍光灯や反射板が汚れていると明るさも半減します。蛍光灯を取り外し、ウェスで汚れを拭き取ります。特に反射面の汚れは水を含ませたウェスやスポンジなどで汚れを落とし、その後、乾いた布で拭き取ってください。

8 床面、とくに小便器下のステップ部や大便器回りの床面には尿がこぼれたり飛び散ったり、また靴底などからの汚れが付着しやすいところです。洗剤を含ませたブラシやスコッチなどでしっかり擦り洗いし、水で洗い流すか、乾いたウェスで拭き取ってください。



学校のトイレ研究会.All Rights Reserved