問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー | リンク集 
 
Home 学校のトイレ研究会とは 研究誌の閲覧 学校トイレ事例 補助制度
トイレづくりのポイント 清掃・メンテナンス
Home > 清掃 ・メンテナンス > 乾式清掃

乾式清掃

乾式清掃は、湿式清掃より水を使用しないので、乾燥した状態で清潔感を保ちやすいと言えます。このページではトイレのきれいを維持するための清掃手順を紹介します。
特別なものは必要ありませんが、モップ等は屈まないで使えるように柄の長いものがあると便利です。
洗剤は安全を重視して、食器用中性洗剤を十分に薄めて使います。手肌にやさしいので安心です。
ほうきは、細かい砂汚れを取り除くのに便利な、毛足の短いものを選びます。
ぞうきんは、汚れの拭き取り効果の高いマイクロファイバークロス製をおすすめします。
床モップは糸モップかスポンジモップで、使いやすい方を選んでください。ぞうきんを挟んでモップ代わりに使うことはお止めください。汚れを取り切れず、床に汚れが蓄積する原因になります。
ゴム手袋をはめて、ほうきでトイレ全体のゴミをかき集め、ちりとりで取ります。砂ぼこりの汚れが多い所はこの作業が重要です。小便器の下や、トイレブースの奥も、しっかりゴミをかき集めます。
5Lの水を入れたバケツに食器用中性洗剤3.5mL(キャップ半分が目安)を加えて、洗剤液を作ります。
バケツに作った洗剤液を便器内側に少量ずつ流し込んだ後、便器の内側を柄付きブラシでこすり洗いします。
汚れが取れにくいリム(便器のフチの裏側)部分も忘れずこすり洗いします。
こすり洗いの後は、トイレの水を流してすすぎます。
ぞうきんを4~6枚用意し、STEP2で作った洗剤液に浸してから、固く絞ります。 拭き掃除用に使います。
ポイント:衛生上掃除する場所ごとに、ぞうきんを替えましょう。
拭き掃除用に用意したぞうきんで、便器の外側を拭いていきます。まず洋式便器の便座や手すりなど、人の手の触れる所を先に拭きます。その後、便器のフチや外側を拭きます。再汚染を防ぐため、ぞうきんがひどく汚れたら別の絞ったぞうきんに交換します。小便器の下側や小便器の背面の壁は、小水が飛散しやすい場所なので、念入りに拭きます。
ひと通り拭いた後に、水拭き用のぞうきん(洗剤液に浸けていないもの)を用意し、便座や手すりなど、手肌の触れる所のみ、すすぎ拭き(2度拭き)をします。
使用している洗剤液の濃度が薄いので、便器の外側や壁のすすぎ拭きは不要です。
床モップをコップ1杯分(200mL)の洗剤液で濡らし、床を拭いていきます。床全体の再汚染を防ぐため、便器まわりのモップ拭きは最後にします。便器まわりは小水が飛散しやすく、ニオイの原因になりやすいので、ていねいに拭きます。
【ポイント!】
・スポンジモップは必ず洗剤液を含ませた状態で使用してください。乾いた状態で使うとスポンジ部分が傷みやすく、破損の原因になります。
・糸モップは濡らしすぎないようにします。洗剤液で濡らす前に、水を含ませる必要はありません。たっぷり水に浸してしまうと、モップ絞り器を使っても大量の水を含んでしまい、モップ拭き後の床に長時間、水滴が残ってしまいます。※水滴が残ると、児童・生徒が上履きで入ってきた時に、靴底に付着した砂ぼこりが泥になって定着し、床を汚くする原因となります。
スポンジに洗剤をつけ、手洗器(洗面器)の内側をこすり洗いします。そして、全体を水で洗い流し、洗剤分が残らないようにします。その後でカウンターや手洗器の外側、水栓金具をぞうきんで水拭きします。
ぞうきんで乾拭きします。水栓金具も忘れずに乾拭きします。
使った道具を専用の流しで洗います。
スポンジ、ぞうきん、トイレブラシ、床モップの順番で、バケツに残った洗剤液に付けて、汚れを落とします。流水でよくすすいで、それぞれ水気をよく切ってから、風通しのよい乾きやすい場所で保管します。不十分な乾燥で保管すると雑菌が繁殖しやすく、悪臭の原因になります。
ポイント:使った用具は、きれいに片付けましょう。
最後に、ゴム手袋を流水できれいにして、乾きやすいように吊り下げるなどしておきます。 清掃作業後は、必ず薬用石けんで手洗いをします。








学校のトイレ研究会.All Rights Reserved