問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー | リンク集 
 
Home 学校のトイレ研究会とは 研究誌の閲覧 学校トイレ事例 補助制度
トイレづくりのポイント 清掃・メンテナンス
Home > 清掃 ・メンテナンス > 感染を防ぐおう吐物などの清掃方法

乾式清掃

学校では、吐き気や嘔吐を症状とするノロウィルスやロタウィルスなどの感染症胃腸炎が流行することがしばしばある。児童・生徒が吐いてしまった場合、それがウィルスによるものかどうかは判断しにくい。そのため嘔吐物の処理法は、ウィルス対策を講じてあることが基本となる。
日頃から持ち運びしやすい、パニックセットを用意し、すぐに対応できるようにしておきたい。ウィルスは感染力が強いので、手袋やマスク、ぞうきんなどは使い捨てにし、処理をする人は、石けんを使って十分に手を洗うなど、自分が感染しないような注意が必要である。
ご紹介時間 1分42秒
窓を開けて、換気をします。
使い捨てマスク、手袋を用意いたします。
ペーパータオルなどで外側から内側へおう吐物を寄せ、ビニール袋に入れます。汚染源を広げないようにします。
消毒液を用意します。(水1Lに、塩素系漂白剤50ml(キャップ2杯))ビニール袋に、消毒剤を染み込むように加え、口をぎゅっと結ましょう。
おう吐物が付着した床とその周辺をペーパータオルで覆い、消毒液を染み込ませます。
そのまま十分程度おき、10分経ったら、ぞうきんで水ぶきします。
手袋は付着したおう吐物が飛び散らないように、裏面を包み込むように裏返してはずし、ペーパータオルやぞうきんとともにビニール袋に入れ、ふきとったおう吐物と同様、ゴミとして処理します。
最後にしっかり手を洗い、衣服に飛散がないか確認しましょう。
東京都福祉保険局「ノロウイルス対応マニュアル」をもとに作成。
学校のトイレ研究会.All Rights Reserved